岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


「飛騨3色カレー」全国土産審査で入賞 ひだホテルプラザの人気商品



  • 飛騨の食材をそれぞれ生かしたベジタブル(手前)飛騨牛(右)エゴマの各カレー 
  • 全国推奨観光土産品審査会で入賞した飛騨3色カレー=高山市花岡町、ひだホテルプラザ 

 「飛騨牛、エゴマ、ベジタブル」の飛騨食材を使った、ひだホテルプラザ(岐阜県高山市花岡町)の「飛騨3色カレー」が、全国観光土産品連盟の第61回全国推奨観光土産品審査会で全国商店街振興組合連合会理事長賞を受賞した。受賞を機にコロナ禍で新年会が中止になる中、年賀贈答品としての需要も伸びている。

 飛騨3色カレーは、2013年に発売したオリジナル商品。飛騨牛カレーは飛騨山椒(さんしょう)でアクセントをつけた濃厚な味。ベジタブルカレーは飛騨を代表する野菜のトマトをベースに後味をすっきり仕上げた。エゴマは健康食品として全国的に人気が高まっている飛騨独特の食材で、カレーは黒ごまを加え、チキンのうま味と濃厚さが特徴。同ホテルの土産品の中でも人気上位の品になっている。

 17年に同連盟の推奨品になり、今回初の入賞。今回の対象土産品は766点あり、食品は378点。味だけでなく、パッケージやPRの秀逸さも評価された。

 同ホテル販売促進部の玉腰大輔部長(45)は「入賞はコロナ禍での明るい話題。皆さんにぜひ味わってほしい」と話した。土産品は3個入り1580円(税別)で、550円(同)で個別販売もしている。ホテル内のレストランや喫茶でも味わえる。各1100円(同)、3色が少しずつ味わえるカレーは1200円(同)。

カテゴリ: グルメ 経済