岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


グランピング、自然と食満喫 恵那市で体験「遊休地活用できる」



  • グランピングで料理を味わう参加者=恵那市山岡町、イワクラ公園 
  • セミナーでグランピングの楽しさを学ぶ参加者=同 

 岐阜県恵那市山岡町のイワクラ公園で、優雅なキャンプが楽しめる「グランピング」のセミナーと体験が行われ、市民らがグランピングの楽しさを実感した。

 当初は2日間行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大による県の非常事態宣言後、1日に短縮することを決定。感染防止のため2部制で行い、市民や公共施設関係者ら47人が参加した。

 セミナーでは、エービーシーグランプアンドアウトドアーズの吉村司最高執行責任者(COO)が「欧州の富裕層から始まり、グラマラス(魅力的)とキャンピング(屋外での生活)でグランピング」と説明。「閉鎖した施設やゴルフ場の敷地内で楽しむことができ、遊休地活用で地域貢献もできる」と語った。

 体験では、数カ所に分かれて料理を試食。参加者は恵那鶏のスープやイチゴのグラタンなどに舌鼓を打った。中津川市から訪れた女性(52)は「鹿児島の弟からグランピングを聞き、SNS(会員制交流サイト)で今回の行事を知り参加した。コロナ禍の中で、自然を満喫して料理に向き合えることが最高」と笑顔で話した。

カテゴリ: おでかけ