岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


浮き浮きイチゴ狩り 空中栽培でベビーカー移動も快適



空中のイチゴをハサミを使って収穫する親子=神戸町柳瀬
空中のイチゴをハサミを使って収穫する親子=神戸町柳瀬

 イチゴの生産、加工、販売を手掛ける、ととりべファーム(岐阜県大野町中之元)は、神戸町柳瀬に昨夏完成させた「空中栽培施設」でイチゴ狩りの営業を始めた。期間は5月末までの予定。

 施設では、千平方メートルのビニールハウスの天井付近からつり下げたプランターでイチゴを栽培。苗の高さは地上約160センチで、ゆったりと食べられるようプランターの下には椅子やテーブルを設置している。イチゴは甘みと酸味のバランスの良い「やよい姫」など3品種がある。

 訪れた親子連れは、はさみを手に赤く実った頭上のイチゴを収穫。その後は椅子に座り、練乳などに付けてイチゴを頬張った。鳥内大輔社長は「施設内はベビーカーの移動も容易で、親子連れにも快適に利用してもらえる。椅子に座ってイチゴをじっくり味わってほしい」と話す。

 料金は小学生以上2500円、3歳以上小学生未満1500円、3歳未満無料。開園は午前10時~午後4時で、体験時間は1時間。予約は大手予約サイト「じゃらんnet」で受け付ける。

カテゴリ: おでかけ グルメ