岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


フルーツビール「林檎lala」国際品評会最高位 甘すぎず心地よい味で女性人気



インターナショナル・ビアカップで金賞を取った「林檎lala」=高山市西之一色町、地ビール飛騨
インターナショナル・ビアカップで金賞を取った「林檎lala」=高山市西之一色町、地ビール飛騨

 岐阜県高山市西之一色町のブルワリー「地ビール飛騨」のフルーツビール「林檎lala(りんごララ)」が、横浜市で昨秋あった国内外のビールの品評会「インターナショナル・ビアカップ」で最高位の金賞に輝いた。説田三郎社長(65)は「高いレベルに到達できた証明になった」と喜ぶ。

 林檎ララは、地元の大麦を使う自社製品の「飛騨ビール ケルシュ」に、同市久々野地区産のリンゴ果汁を20%加えて造る。観光協会や農家などが開発に携わり、2011年に発売。果実のほんのりとした甘味を楽しめ、主に30代の女性に人気だ。

 ビアカップに初めて出品し、今回はボトル・缶部門で受賞した。ベースとなるケルシュの造り方を18年に見直し、仕込みで麦芽を煮る温度を調整したところ、味がさらに良くなった。審査員からは「果汁と麦芽の甘味がしっかりと残っている」「甘すぎず心地よいフルーツビールだ」「ケルシュとの相性が素晴らしい」との評価を得た。説田社長は「他の商品でも金賞を取りたい」と意欲に燃える。

 330ミリリットルで税込み600円。飛騨地域の酒店や土産物店の他、地ビール飛騨の店頭、ホームページでも買える。問い合わせは同社、電話0577(36)3434。

カテゴリ: グルメ