岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


リフト料金20%還元「ゲレンデはノー密」飛騨地域8スキー場で13日から



 コロナ禍で入り込み客が激減し、苦戦が続く岐阜県飛騨地域の8スキー場が13日から、「リフト券20%還元大作戦」を始める。1日券購入でエリア内スキー場で使える商品券として20%分を還元する取り組みで、同エリアスキー場として初の共同プロジェクト。

 エリア内スキー場でつくる県スキー場連絡協議会飛騨支部の宮前勝支部長によると「GoToトラベルの休止に加え、緊急事態宣言の延長。あと1カ月足らずで営業を終える施設もあるだけに早急に手を打たないと」と企画を発案。飛騨市や大野郡白川村のスキー場も加わるが、高山市の全面協力を得て、市産業団体等活性化策支援事業補助金を活用して実施する。

 リフト1日券3千円以上で600円、2500円から2999円で500円の2種類の商品券をプレゼント。実施期間は3月31日までだが、総額900万円の商品券がなくなり次第、終了。商品券有効期間は各スキー場の今季営業期間内。

 宮前支部長は「各スキー場ともコロナ対策を徹底しており、ゲレンデは密にならない。多くの方に来てもらいたい」と呼び掛けている。

(森嶋哲也)

カテゴリ: おでかけ くらし・文化