岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


馬籠宿の聖火リレー、自宅前や2階から見物ダメ 住民困惑「安全優先」「やりすぎ」



 4月3、4日に県内を巡る聖火リレーの出発地となる岐阜県中津川市馬籠の旧中山道馬籠宿では、自宅前の道や建物2階からの観覧が制限されている。馬籠宿は道幅が狭く、特殊区間に設定されており、ランナーや沿道の観客の安全を確保するのが理由だが、住民の中には「行き過ぎた対応ではないか」と不満の声もある。

 ランナーが走る石畳のコース沿いには店舗や民家が立ち並ぶ。聖火リレー県実行委員会は住民の協力を得て店先などに27カ所の観覧エリアを設定しており、当日は観覧エリアを明示するために景観に配慮した竹柵を設置する。密集対策で人数制限が行われ、馬籠宿下入口から上入口の間にある観覧エリアで見るには午前8時20分ごろまでに移動しておく必要がある。

 市はこれまでの住民説明会で、コース上への落下物などを防ぐために建物2階からの観覧を控えるように求め、観覧エリア以外での観覧はできないと説明した上で、「地元の方も観覧エリアで応援してほしい」とお願いしていた。昨年に予定されていた聖火リレーの前も同様の説明だった。

 本番が間近に迫り、観覧方法の周知が進む中で「自宅から見られないのはおかしい」「仕方ないので観覧エリアに行く」との声が聞かれた。中津川署が先週に民家や店舗を回り、交通規制を含め「危険防止のために2階以上からの観覧を控えてください」と記したチラシを配ったことで、住民からは「自宅での行動制限はやりすぎ。外に出たり窓を開けたりした時に『見るな』と言われたら気分が悪い」との声も聞かれた。

 市は28日、民家や店舗を回り、聖火リレーの応援の際に使ってもらううちわなどを配布し、観覧エリアに行けない場合は自宅や店舗内での観覧は問題ないと説明した。一方で、2階からの観覧は改めて控えるようにお願いした。市担当者は「ランナーと観客の安全が最優先。安全に聖火リレーができるようにするためなので理解をお願いしたい」と話した。

カテゴリ: 動画 社会