岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


仕事に一流のおもてなし 都ホテルのコワーキングスペース1日オープン



 都ホテル岐阜長良川(岐阜市長良福光、釜谷祥成総支配人)は29日、4月1日にオープンするコワーキングスペース「aragan(アラガン)」を報道陣に公開した。

 ホテル2階のブライダルサロンと従業員事務所だったエリアを改装。スペースの面積は252平方メートルで、少人数のミーティングや商談のためのワークゾーン、休憩用のリラクゼーションゾーン、交流を深めるラウンジゾーン、1人で仕事に集中するソロワークゾーンを用意。同ゾーン内には仕切りで囲われたパーソナルブースを設けた。リラクゼーションゾーンのベンチは金華山、ソロワークゾーンの長机は長良川をイメージした。

 利用時間は平日、土日祝日問わず午前8時~午後9時で、コピー機やロッカー、郵便ボックスなどを使える。月額1万5千円からの法人会員、同5千円からの個人会員のほか、1時間700円などで利用できる1Day会員がある。ホテル内施設の優待特典もある。

 釜谷総支配人は「さまざまなビジネス目的に合わせて使ってもらえるスペース。街中にあるコワーキングスペースとの差別化を意識し、法人、個人ともに既に数件ずつの契約申し込みがある」と述べた。

 また、アラガンのオープンに合わせて運用を始める58平方メートルの多目的ルームと、シングルルームを仕事用にしつらえたリモートルームも公開した。

カテゴリ: 動画 経済