岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


新たに2人の変異株陽性が判明 岐阜県で15人が新型コロナ感染、1人死亡



 岐阜県と岐阜市は2日、新たに6市町で計15人の新型コロナウイルス感染と、入院していた羽島郡笠松町の50代男性の死亡、2人の変異株陽性をそれぞれ確認したと発表した。感染者数は累計4866人、死者は126人、変異株陽性者は47人となった。

 新規感染者は、感染経路不明が5人、感染者との接触が確認されているのは6人だった。4人は調査中。

 可児市の職場を巡るクラスター(感染者集団)では、感染者の親族1人が陽性となり、9人規模となった。このクラスターは、県の追加検査で変異株ではないことが分かった。

 変異株陽性の1人は、各務原市の職場を巡る変異株クラスターの感染者。もう1人の感染経路は分かっていない。

 重症者は1人増えて4人となった。病床使用率は16・9%。

【動くグラフ】新型コロナ感染者数の推移

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会