岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


中部院大サヨナラ発進 東海地区大学野球春季岐阜L開幕



中部学院大×朝日大=タイブレークの11回裏中部学院大1死満塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズを見せる田島=長良川
中部学院大×朝日大=タイブレークの11回裏中部学院大1死満塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズを見せる田島=長良川

 東海地区大学野球春季岐阜リーグ(岐阜新聞社 岐阜放送後援)は3日、長良川球場で開幕した。1回戦3試合を行い、昨秋1位の中部学院大は朝日大に延長十一回タイブレークの末、5-4で競り勝った。中京学院大は岐阜大に8-1の八回コールド、岐阜聖徳大は東海学院大を3-1で下し、それぞれ白星発進した。

 中部学院大は六回、三塚武蔵(県岐阜商高出)の安打に敵失を絡めて先制。七回に追加点を挙げたが、八回に押し出し死球などで同点に追い付かれた。延長十一回に2点を勝ち越されたが、最後は田島光祐(各務原中央中出)が1死満塁からサヨナラ打を放った。

 中京学院大は1-1の六回、山下蓮太朗の犠飛で勝ち越しに成功。七回には、高野信元(中京高出)の2点本塁打など4点を加え、突き放した。投げては先発の古田星投(同)が6回5安打1失点と好投した。

 岐阜聖徳大は六回、横井一樹(岐阜聖徳高出)の三塁打で先制。その後同点に追い付かれたが、八回に牧内大斗が2死満塁から2点適時二塁打を放ち、勝ち越した。先発の橋本達也(飛騨高山高出)が9回途中まで6安打9奪三振の力投を見せた。

 第1週最終日は4日午前9時から同球場で岐阜大-中京学院大、東海学院大-岐阜聖徳大、朝日大-中部学院大の2回戦3試合を行う。

カテゴリ: スポーツ