岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


大垣ミナモ開幕戦飾れず ソフト日本L女子1部



デンソー×大垣ミナモSC=7回裏大垣ミナモSC無死、須藤がチーム初安打を放つ=ブルーチップスタジアム
デンソー×大垣ミナモSC=7回裏大垣ミナモSC無死、須藤がチーム初安打を放つ=ブルーチップスタジアム

 ソフトボールの日本リーグ女子1部は3日、鹿児島県のブルーチップスタジアムなどで開幕し、6試合を行った。3季ぶりに1部に復帰した大垣ミナモSCはデンソー(愛知)と対戦し、延長戦の末、1-3で惜敗した。

 大垣ミナモは二回に本塁打で先制を許したものの、その後は先発サラ・パウリーが好投。打線は七回に主将須藤麻里子(神鋼造機)のチーム初安打を皮切りに同点とし延長戦に持ち込んだが、八回に2点を勝ち越され力尽きた。須藤は「粘り強く戦うことができた。一つのミス、一つのチャンスが試合を制すと実感した。この負けを受け止め、一戦一戦、一丸で戦っていく」とコメントした。

 次戦は第1節最終日の4日、同スタジアムで戸田中央総合病院と対戦する。

カテゴリ: スポーツ