岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


知事「第4波に入った」 岐阜県、新型コロナ変異株がまん延



 岐阜県の古田肇知事は4日の全国知事会のオンライン会合で、県内で3月末から新型コロナウイルスの感染者が増えていることを挙げ「(岐阜県内は)第4波に入った」との認識を示した。これまで県としては「第3波は終息しておらず、くすぶっている」などと判断していた。古田知事が「第4波」について明言したのは初めて。

 古田知事は、感染経路不明の変異株陽性者が県内で継続的に確認されている現況を紹介し、「変異株は市中にまん延しつつある」と指摘。第4波と判断する根拠とした。さらに、変異株の増加が医療機関の負担となっているとして、国に対して変異株の感染性の分析や退院基準の見直しを求めた。

 また、感染拡大の予兆をつかむためのモニタリング調査について、制度設計をより明確化することや、後方支援病床の空床補償などを求めた。

【動くグラフ】新型コロナ感染者数の推移

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会