岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


朝日大が逆転勝利、中部院大は連勝27で止まる 東海大学野球春季岐阜リーグ 



朝日大×中部学院大=6回裏朝日大1死満塁、逆転本塁打を放ち歓喜する墳下=長良川
朝日大×中部学院大=6回裏朝日大1死満塁、逆転本塁打を放ち歓喜する墳下=長良川

 東海地区大学野球春季岐阜リーグ(岐阜新聞社 岐阜放送後援)第1週最終日は5日、長良川球場で2回戦2試合を行った。岐阜聖徳大が東海学院大を6-3で下し、開幕2連勝。朝日大は5-4で中部学院大に競り勝ち、中部学院大の春、秋通じてのリーグ戦の連勝を27で止めた。

 岐阜聖徳大は一回、横井一樹(岐阜聖徳高出)の左前打で先制。三回には2死二、三塁から五味瑠旺の三塁打で2点を加えた。投げては2番手の入山陸が5回3安打1失点の好投をみせた。東海学院大は九回に2点を返したが、及ばなかった。

 朝日大は四回、田口祥也が二塁打で出塁すると、墳下大輔の中前打で先制。六回に勝ち越しを許したが、墳下が満塁本塁打を放ち、逆転した。宇留野滉平(岐阜城北高出)の好リリーフで逃げ切った。中部学院大は、好機であと1本が出なかった。

 第2週第1日は9日午前8時30分からKYBで中京学院大-朝日大、岐阜協立大-東海学院大、中部学院大-岐阜大の1回戦3試合を行う。

カテゴリ: スポーツ