岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


園児の質問きっかけにパワーリフティング王者へ 幼稚園園長の住職「夢へ努力」行動で示す



10年以上の園長の経験を生かし、子育て本を出版した宮本覚道住職=関市下有知、龍泰寺
10年以上の園長の経験を生かし、子育て本を出版した宮本覚道住職=関市下有知、龍泰寺

 岐阜県関市下有知の龍泰寺の52代目住職で、あかつき幼稚園(同所)の園長を務める宮本覚道さん(42)が、自己肯定感を高めるための子育て本「自分が好きな子になる子育て」を現代書林(東京)から出版した。10年以上にわたって園長として仏教の教えを生かした教育に携わる傍ら、30代から始めたパワーリフティングではトップアスリートとして活躍。夢や目標を大切にする生き方を自ら実践している。宮本さんは「若い世代の子育てのヒントになれば」と話す。

 宮本さんは、600年以上続く曹洞宗の古刹(こさつ)の跡継ぎとして生まれ育ち、慶応大、駒澤大大学院を卒業後、二大本山の永平寺(福井県)と総持寺(横浜市)で修行。26歳で龍泰寺に戻り、2007年から園長を務める。

 園児から「夢って、かなうの」と聞かれた一言をきっかけに、夢を持って努力する大切さに気付き、パワーリフティングに挑戦。アジア大会王者に輝き、テレビや新聞などメディアにも多く取り上げられている。

 本では、世界一の力持ちを目指した経緯や自分を受け入れることで自己肯定感が生まれたことを説明。座禅や法話を取り入れた園の活動も紹介している。宮本さんは「園児の言葉にきちんと向き合えたことが大きかった。失敗しても努力する姿勢を見せることが大事」と語る。

 本は4千部を発行。価格は1485円。19日から全国の書店で取り扱う。

カテゴリ: 教育 社会