岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜県内38人新型コロナ感染、病床使用率ステージ3に 外国人変異株クラスター拡大



 岐阜県と岐阜市は17日、新たに13市町などで計38人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。変異株の新たな陽性者は3人確認された。感染者数は累計5218人、変異株陽性者の累計は104人。新たなクラスター(感染者集団)は確認されなかったが、2件で拡大した。

 新規感染者の増加もあり、病床使用率は16日時点で前日比3・6ポイント増の22・0%。国が示すステージ3(感染急増)の基準を2月27日以来、上回った。県では週明けから、飛騨圏域を除いた県内4圏域でコロナ病床を拡大する準備を進めている。

 可児郡御嵩町の教会で開かれたキリスト教の復活祭(イースター)の参加者らに拡大している変異株クラスターでは、参加者や感染者の職場などで新たに5人の感染が分かった。計39人規模で、感染者は全員が外国籍。

 加茂郡富加町の職場関連を巡る外国人が中心の変異株クラスターは、新たに職場の同僚1人の感染が判明し、18人規模となった。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会