岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜県内で43人新型コロナ感染 クラスター4件拡大 



 岐阜県と岐阜市は22日、新たに12市町などで計43人の新型コロナウイルス感染と、4人の変異株陽性を確認したと発表した。新規感染者が前の週の同じ曜日を上回るのは、10日連続。県内の感染者数は累計5374人、変異株陽性者は119人となった。

 感染者の増加傾向は続いている。4月発表の感染者は534人となり、緊急事態宣言の期間だった今年2月発表の496人を超えた。22日は新たなクラスター(感染者集団)の確認はなかったが、4件が拡大。うち3件が変異株クラスターだった。

 可児郡御嵩町の教会を巡る変異株クラスターは、1人増えて48人となった。岐阜市の家族とその友人の変異株クラスターは、2人増えて7人となった。

 大垣市のデイサービス施設関連の変異株クラスターは、1人増えて21人となった。県によると、室内で行う軽体操の場で拡大した可能性があるという。

 美濃加茂市の接待を伴う飲食店のクラスターは1人増えて11人となった。県による22日までの追加検査で、変異株陽性者は確認されなかった。

 変異株陽性の4人のうち、2人は感染経路不明だった。県内の変異株陽性者は44グループとなった。

【動くグラフ】新型コロナ感染者数の推移

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会