岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


無症状従業員に検査キット 飛騨市が事業所クラスター対策



 岐阜県飛騨市は18日、新型コロナウイルス対策として、市内の事業所内で感染者が確認された際、同じ事業所に勤務する無症状の従業員に抗原定性検査キットを活用した検査を無料で実施する感染防止策などを発表した。従業員や事業主の感染の不安を解消するとともに、クラスター(感染者集団)の発生を防ぐ効果があるとしている。市によると、同様の検査事業は県内の自治体で初という。

 市は、鼻腔から検体を採取して感染を判定する同キットを1100個備蓄する。医療機関や介護事業所などに加え、従業員が10人以上の一般の事業所で感染者が確認された際、行政検査の対象とならなかった無症状の従業員らが同キットを使って自ら検査。陽性が疑われる場合は市に報告し、医療機関などでPCR検査を受けることとなる。

 希望する事業所は市に申請し、検査を行うための研修を受ける。市によると、東京都内の医療機関が行う同キットを使った治験に参加することで、この医療機関の管理の下で自己採取による検査ができるという。18日は都竹淳也同市長が記者会見で発表し、検査の仕方などを説明した。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会