岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


ローストビーフの城、高さ30センチ「天下丼」 武将隊関ケ原組と新名物に



ローストビーフをふんだんに盛り付けた「天下丼」=関ケ原町関ケ原、Sekigahara花伊吹
ローストビーフをふんだんに盛り付けた「天下丼」=関ケ原町関ケ原、Sekigahara花伊吹

◆トマトの「返り血ソース」付き

 岐阜県関ケ原町関ケ原のレストラン「Sekigahara花伊吹」が、町の新名物を目指して「天下丼」を考案した。武将姿で観光客をもてなす「古戦場おもてなし武将隊関ケ原組」とコラボレーションし、武将の要素を取り入れたインパクトあるメニューに仕上げた。

 武将らしく満腹になってもらおうと、丼は高さ約30センチ、横約30センチとボリューム満点。丼に盛ったご飯の周囲には同店特製のローストビーフがふんだんに、上にはローストビーフのカツものせ、城に見立てて盛り付けた。甘めのタレ、トマトを使った「返り血ソース」の2種類を添えて、味の変化を楽しめるようにした。

 コロナ禍を受けて観光バスによる団体客が減る中、個人観光客向けに旅先での思い出づくりの一つにしてもらおうと企画。「観光客に尋ねられても『これ』といった名物がなかった」という関ケ原組のメンバーと話し合い、天下丼のほかに近江牛ハンバーグを使った「水攻め籠城の戦い」や「近江牛寿司の陣」、「推し武将!家紋の巻」の3種類も開発した。

 レストランの担当者は「戦国好きや肉好きの人はいざ、関ケ原へ」と薦める。2200円。問い合わせは花伊吹、電話0584(43)1177。

カテゴリ: おでかけ グルメ