岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


バーベキュー、県またぐ移動、公園で飲酒「自粛を」 東海3県の知事が共同メッセージ



 まん延防止等重点措置の適用を受けている岐阜、三重と、緊急事態宣言が発令されている愛知の東海3県の知事は29日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大を抑え込んでいくため、各県民に県をまたぐ移動の自粛や感染防止対策の徹底を改めて呼び掛ける共同メッセージを発表した。

 東海3県のまん延防止等重点措置と緊急事態宣言の期限は、いずれも今月31日から6月20日に延長することが決まっている。感染者数は減少傾向にあるが、メッセージでは、入院患者数の高止まりに加えて重症患者が増加するなど、医療提供体制は厳しい状況であることから、緊急事態宣言や重点措置区域との往来の自粛、路上や公園などでの飲酒やバーベキューといった感染リスクの高い行動の自粛も求めた。

 岐阜県の古田肇知事は「感染者数は依然として高水準で、入院患者の重症化が進み、逼迫(ひっぱく)している」と指摘。「特に、感染者の行動歴を見ると、愛知県とのつながりが高い状態が続いている。足並みそろえて相乗効果を発揮できる対策を今後も続けていきたい」と述べた。

カテゴリ: 政治・行政 新型コロナウイルス