岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜県飛騨市、男根を模した「石棒」をオープンデータ化 創作・商用促し文化財保護に



 古代の信仰を今に伝える神秘性と、男根をかたどった独特の造形から、一部の縄文ファンの心を引き付けてやまない遺物「石棒(せきぼう)」。全国有数の出土数を誇る岐阜県飛騨市は5月、複数の石棒の3Dデータをオープンデータ化した。貴重な文化財のデータを芸術作品や商品に至るまで誰でも無料で利用可能にするという大胆な措置は県内初で、全国的にも珍しい。すでにアートに転用する動きもある。取り組みの裏には、文化財保護に幅広い層を巻き込もうとする斬新なアイデアがあった。

◇飛騨市は石棒の「製造拠点」

 石棒は子孫繁栄を願う祭祀の道具とされ、縄文時代に大小さまざまな形で盛んに作られた。東京都国立市や長野県佐久穂町など全国の遺跡で出土している。中でも飛騨市宮川町塩屋地区は、1千本以上が見つかった全国有数の出土地だ。

 塩屋地区は石棒の「製造拠点」だったと考えられている。この地域でよく産出する凝灰岩の一種「塩屋石」は、少し力を加えるだけで角柱状に割れる特徴がある。石の加工技術が乏しかった縄文時代でも、削って形を整えることで石棒を完成させることができた。飛騨市宮川町塩屋地区で作られたとみられる石棒は、南は岐阜県郡上市、北は富山県魚津市までの広範囲で出土している。文字がなかった時代の信仰やものの流通を研究する上では欠かせない史料とされ、全国の研究者が調査に訪れている。

◇誰でも使える石棒3Dデータ

 飛騨市は5月12日、市内で出土した石棒17点を含む縄文時代の遺物の3Dデータ20点を無料で公開し、二次利用も可能にした。石棒の3Dデータは、1点当たり100枚前後のさまざまな角度から撮影した写真で構成されており、回したり拡大したりして細部を観察できる。自分のパソコンやスマートフォンへのダウンロードも可能だ。3Dデータ共有サイト「スケッチファブ」で、下図のようなデータを無料で配布している。

 今回の取り組みで珍しいのは、石棒を所有する飛騨市が幅広い二次利用を認めている点だ。規約通りにデータの出典を表示すれば、データの色を変えて自分の作品として発表するといった芸術活動や、商品に印刷して販売するなどの商用も可能となる。

 

 さっそく石棒のデータを芸術に生かす動きがある。飛騨市宮川町の古民家で8月にろうそくのイベントを開催する造形作家竹内蘭さん(42)=養老郡養老町=は、3Dプリンターを使って石棒のデータを出力し、石棒の形のろうそくを試作中だ。

竹内蘭さんが石棒の3Dデータから作成したろうそくと型

 縄文土器に関心のあった竹内さんは、イベントのために宮川町の歴史や文化を深く調べるうちに、石棒の存在を知ったという。「石棒を観察することで、縄文時代の人々の暮らしをより豊かに想像できる」と石棒の魅力を語る竹内さん。「絵や紙の資料だけでは得られない芸術的な発想が3Dデータから生まれると思う。人手不足で文化財の管理が難しくなる中、皆で活用することで守っていくという取り組みは素晴らしいことだ」と話し、オープンデータ化を喜んだ。

 オープンデータ化の狙いの一つは、人々にデータを通じて石棒に親しんでもらうことだ。文化財保護法では、自治体などは所有する文化財をできるだけ公開し活用すべき、という趣旨が示されている。一方で、石棒の多くを収蔵する市営の博物館「飛騨みやがわ考古民俗館」(飛騨市宮川町)は岐阜・富山県境の山奥にあり、常駐スタッフを確保できず入館者数も見込めないことから、年間30日しか開館していない。大半の石棒がバックヤードに保管されている。高い文化的価値があるにもかかわらず、石棒は市民にとってはなじみが薄いままだ。飛騨市文化振興課の三好清超さん(43)は「石棒の価値が忘れ去られるよりも民間と一緒になって知名度を高めたい」と思いを語った。

「自分たちが楽しめるコンテンツを」石棒愛好家の思い

 石棒の知名度向上の始まりは数年前に遡る。2018年、飛騨市は石棒の発信と保全に市内外の人を巻き込む取り組みを始めた。今回公開した3Dデータの基になった画像は、市の呼び掛けで「石棒愛好家」が集まった10人前後の任意団体「石棒クラブ」が撮影したものだ。同クラブは縄文時代をテーマとしたクイズ大会を企画したり、SNSで石棒のキャッチコピーを募ったりして発信を進めてきた。ツイッターではオリジナルキャラクター「石棒くん」の名称で縄文関連の情報を発信。インスタグラム上では「一日一石棒」と題して石棒の写真を公開している。

 どこでも自由に触れられる3D化は、同クラブが特に重視する取り組みだ。昨年11月、飛騨市古川町のカフェ「FabCafe Hida」と協力し、店内の3Dプリンターを使ってデータを有料で出力できるようにした。青や黄など派手な蛍光色で生み出される石棒のフィギュアは、見た目のインパクトからインターネット上で話題になった。

 メンバーの会社員上原惇さん(35)=東京都板橋区=は「石棒は土ではなく、わざわざ石で時間をかけて作っていることから、縄文人のとてつもない情熱や想いのこもったものだと感じた。石棒に出会うまで縄文に魅力を感じたことはなかったが、直に触れたときにタイムスリップしたような錯覚を覚えた」と魅力を熱く語った。石棒クラブの今後については「具体的な数値目標にとらわれず、自分たちが楽しめるかどうかでコンテンツを作ってきた。(オープンデータを)まずは自分たちが楽しく活用することで、3D石棒の使い方を率先して示したい」と意気込む。

店内の3Dプリンターで出力できる石棒のフィギュア=飛騨市古川町、FabCafe Hida

◇文化財保護の輪を広げる

  飛騨市は石棒の3Dデータを作成する体験会を本年度中に実施する。石棒のデータ化に市民らの手を借り、文化財の知名度を高める狙いだ。飛騨市文化振興課の三好さんは「石棒を巡る取り組みは、考古学の研究成果をいかに公開して活用していくかという全国的な課題に向き合うことだ。誰もが発信者にも参加者にもなれるようにし、文化財保護の可能性を広げたい」と語った。

カテゴリ: くらし・文化 科学