岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


徳川家康、関ケ原合戦への決意記す書状公開 岐阜関ケ原古戦場記念館で始まる



 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原の岐阜関ケ原古戦場記念館で8日、徳川家康の書状の公開が始まった。公開は中部地方では初めてで、天下分け目の戦いを前に岐阜の地に着陣したことや、戦への強い決意が読み取れる。7月18日まで。

 この書状は旧暦慶長5(1600)年9月15日の関ケ原の戦い2日前、9月13日に書かれたとされており、家康が下野国大田原城(栃木県大田原市)の城主大田原晴清に送ったもの。家康の命令で、若松城(福島県会津若松市)の上杉景勝の南下に備えて守備を固めていた晴清が、関東の情勢を報告した書状の返書としてしたためた。兵庫県豊岡市で数年前に見つかり個人が所蔵していたが、岐阜県が昨年度購入、同記念館が所蔵している。

 書状では「本日13日に岐阜に到着し、陣を敷きました」と記述。天下分け目の戦いを目前に控え「早々に凶徒(きょうと)ども(西軍)を討ち果たし、吉報を申し届けることになるでしょう」と、強い心意気を吐露している。家康は14日、美濃国赤坂(大垣市)で東軍側の武将に合流し、15日に関ケ原の決戦に臨んだ。

 また書状では、上杉勢を警戒するよう晴清に指示している。上杉軍は出羽の最上義光や陸奥の伊達政宗らと交戦したため、実際に景勝が南下することはなかったが、大きな合戦を目前にしても遠い敵を警戒する家康の慎重な性格もうかがえる。

 学芸員の山形隆司さん(49)は「実物の史料から、関ケ原の直前の家康の決意を読み取っていただければありがたい」と話している。入館には事前予約が必要。 

カテゴリ: くらし・文化 動画