岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


【9日・コロナ詳報】病床使用率50%切る 岐阜県で4人死亡23人感染、クラスター5件拡大



 岐阜県と岐阜市は9日、12市町で計23人の新型コロナウイルス感染と、入院していた可児市の70代と80代の女性、岐阜市の70代男性、市町村非公表の70代男性の4人の死亡を確認したと発表した。感染者は累計8997人、死者は計175人。8日時点の病床使用率は前日比3・1ポイント減の48・1%で、国の指標でステージ4(爆発的感染拡大)相当の50%を5月6日以来、33日ぶりに下回った。

 病床使用率は第4波が深刻化した4月下旬以降、日々上昇し、5月17日には過去最も高い73・5%に達した。県ではコロナ患者を受け入れる確保病床の増床や宿泊療養施設の拡充を同時に進め、第3波よりも感染者数は急増したが、「自宅療養者ゼロ」を堅持してきた。感染者数が減少傾向にある中で、約1カ月ぶりに50%を下回った。

 一方で、重症者数は9日時点で21人で、7日連続で20人台と医療提供体制への厳しい状況はピーク時からは変わっていない。

 新たに確認されたクラスター(感染者集団)はなかった。

 拡大したクラスターは5件。関市や土岐市、郡上市、加茂郡富加町、可児市の各職場や家族に広がる過去2番目の規模のクラスターでは、新たに2人増えて128人となった。このクラスターでは10日ぶりに感染者が確認された。

 岐阜市のホットヨガスタジオロイブ岐阜店関連は、利用者の家族1人の感染が新たに分かり77人。加茂郡八百津町のデイサービス施設関連のクラスターは1人増えて57人となった。

 関市のデイサービス関連のクラスターなど4件は、新たな感染者が確認されず終息した。

 新規感染者の居住地別は岐阜市6人、美濃加茂市4人、大垣市、可児市、瑞穂市が各2人、多治見市、関市、中津川市、各務原市、郡上市、下呂市、不破郡垂井町が各1人。年代別は10代4人、20代と30代が各2人、40代3人、50代6人、60代1人、70代4人、80代1人。

【動くグラフ】新型コロナ感染者数の推移

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会