岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


【10日・コロナ詳報】2家族にまたがるクラスターが発生、岐阜県で新たに24人感染確認 累計9000人超す



 岐阜県と岐阜市は10日、県内11市町で計24人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。感染者数は累計9021人となり、9千人を超えた。

 感染者数の累計は、感染拡大の第4波に伴って5月に急拡大し、同月4日に6千人、同月13日に7千人、同月22日に8千人に達した。その後は減少傾向が続いているが、8千人を超えてから19日目で千人増加した。

 9日時点の入院患者は340人で、病床使用率は43・4%と前日に続いて50%を下回った。ただ、重症者は20人と8日連続で20人以上となり、医療提供体制は厳しい状況が続いている。

 新たなクラスター(感染者集団)は1件で、岐阜市の二つの家族で計5人の感染が分かった。拡大したクラスターも1件で、岐阜市のホットヨガスタジオロイブ岐阜店関連で、利用者の家族2人が増えて79人となった。

 瑞穂市の格闘技ジム関連など3件のクラスターは、新たな感染者が確認されず終息した。

 新規感染者の居住地別は岐阜市6人、美濃加茂市、可児市が各4人、瑞穂市3人、大垣市、羽島市、土岐市、海津市、羽島郡岐南町、加茂郡富加町、可児郡御嵩町が各1人。年代別は10歳未満1人、10代3人、20代7人、40代4人、50代5人、60代3人、70代1人。

【動くグラフ】新型コロナ感染者数の推移

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会