岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


恵那×春×食、魅力映え 「#食べて恵那」インスタフォトコン入賞作品



  • 青木孝義さんの作品 
  • 市川文之さんの作品 
  • 吉村緑さんの作品 
  • 細田博昭さんの作品 

 第5回恵那市公式インスタグラムフォトコンテスト「#食べて恵那2021春」の入賞作品4点が決まった。入賞したのは青木孝義さん(72)=中津川市苗木=、市川文之さん(53)=恵那市長島町=、吉村緑さん(70)=中津川市下野=、細田博昭さん(32)=長野県大桑村=。

 春の恵那の食の魅力が伝わる「おいしそう」「食べたい」と思える写真を、恵那市が3月24日から5月10日まで写真投稿アプリの市公式インスタグラムをフォローした上で募集した。恵那市内外から177点の応募があり、市職員と市が委嘱し審査員らが審査した。

 入賞作品について、青木さんは「みたらし団子を食べる子どもを撮影した。コンテストを楽しみ、恵那を駆け巡った」、市川さんは「春のお菓子といえば、からすみ。少しあぶってもおいしい。桜の花と撮った」と話した。同じく吉村さんは「自分で採って食べるイチゴは新鮮で甘くておいしい」、細田さんは「6歳の息子は、明知鉄道と機関車を眺めた後、五平餅とみたらし団子を食べるのが恒例」とそれぞれ話した。

 18日まで恵那市役所と同市大井町の「えなえーる」で入賞作品を紹介している。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース