岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


A5等級の飛騨牛「雌」「雄」食べ比べ 目利き職人厳選「家族で楽しんで」



飛騨牛を手に雌と雄の食べ比べをPRする小川香織社長=瑞穂市田之上、小川ミート
飛騨牛を手に雌と雄の食べ比べをPRする小川香織社長=瑞穂市田之上、小川ミート

 精肉販売の小川ミート(岐阜県瑞穂市田之上)は、飛騨牛の雌と雄の肉をセットにして配送し、自宅で気軽に食べ比べができる企画を始めた。最上のA5等級に限定し、目利きの職人が厳選して買い付けする。雌はあまり市場に出ないため、雌と雄の食べ比べは貴重な機会。小川香織社長は「コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えた。家族で食べ比べを楽しんでほしい」と話している。

 雌の肉は雄よりも脂が溶ける温度が低く、味もマイルドで少し濃くなる。雌は市場に出回る量が少ないことから、こうした味の違いについて一般に広く知られていない。また食べ比べには雌と雄の最低2頭の牛が必要なため、部位の食べ比べができるセットはあっても雌と雄の食べ比べは珍しい。

 クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で28日まで募集し、支援金額によってリターンに設定されている肉のセットを送る。金額によってリターンの内容は異なるが、食べ比べができるセットは9千円から。

カテゴリ: グルメ 経済