岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


サラダや前菜をビュッフェ形式、メイン料理は座席に 都ホテル岐阜長良川が新スタイル



提供する料理
提供する料理

 都ホテル岐阜長良川(岐阜市長良福光)は21日~8月31日、ホテル内のレストラン「フィレンツェ」でサラダやデザートをビュッフェ形式で提供し、メイン料理を座席に届ける「オーダー&ハーフブッフェ」を行う。

 前菜、サラダ、デザートは客がビュッフェコーナーから選ぶ。「白身魚のロティ」「豚ロースのポワレ」といった数十種類のメイン料理は客席で注文し、従業員が出来たての料理を客席に運ぶ。大人1人の料金は、午前11時30分~午後2時30分のランチは3700円。「ローストビーフ」「仔牛タンのブレゼ」といった限定料理がある午後5時~同9時のディナーは6千円。いずれの時間帯も小学生以下は2500円、3歳以下は無料。

 フィレンツェは新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年7月にビュッフェ形式からコース形式に提供方法を変更。今年4月26日から6月20日までは宿泊客向けの朝食のみの営業としている。ビュッフェ再開の要望が多いことを受け、客席の制限やアクリル板の設置といった感染拡大防止対策を徹底して提供する。

 問い合わせ、予約はフィレンツェ、電話058(295)0278。

カテゴリ: グルメ 経済