岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


競泳女子200自、松崎江里子(帝京大可児)大会新で優勝 岐阜県高校総体水泳



女子200メートル自由形で予選、決勝と大会新記録を連発して優勝した松崎江里子=長良川スイミングプラザ
女子200メートル自由形で予選、決勝と大会新記録を連発して優勝した松崎江里子=長良川スイミングプラザ

 水泳の県高校総体兼東海総体県予選第1日は26日、長良川スイミングプラザなどで競泳と水球を行い、女子200メートル自由形の松崎江里子(帝京大可児)が、決勝で2分3秒31の大会新記録をマークして優勝した。

 女子50メートル自由形では渡辺りお(県岐阜商)が、大会記録まで0秒01に迫る27秒04で優勝。同200メートルバタフライは大川日菜(大垣商)、同200メートル平泳ぎは鍵谷柚月(帝京大可児)がともに2連覇。男子では200メートルバタフライで上田迅(帝京大可児)が2連覇し、200メートル自由形で堀泰地(岐阜)が頂点に立った。

 水球は大垣東は決勝の岐阜農林戦で、第1クオーターから9点を奪うなど着実に加点し、32―0で快勝。25連覇を達成した。

 競泳は各種目8位まで、水球は2校とも全国総体出場を懸けた東海総体(7月・三重県鈴鹿市)に出場する。

カテゴリ: スポーツ