岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


リニア中央新幹線の岐阜県駅、今月中に準備工事着手 2025年春の完成目指す



リニア中央新幹線の岐阜県駅が整備される地域=昨年11月、中津川市千旦林(本社契約ヘリから)
リニア中央新幹線の岐阜県駅が整備される地域=昨年11月、中津川市千旦林(本社契約ヘリから)

 リニア中央新幹線の建設を進めるJR東海は15日、岐阜県中津川市に設ける岐阜県駅(仮称)の新設工事について、駅東部の準備工事を月内に始めると公表した。駅は2025年春の完成を目指している。

 JR東海によると、駅工事の全体の区域は約1・3キロで、今回は3分割したうちの東部を工事する。区間は約290メートルで、出入り口の整備や樹木の伐採などを行い、施工ヤードを造成する。高架橋の施工や、道路や河川の付け替えも行う。

 県と市に環境保全計画を提出した。岐阜県駅の起工式など、本格的な工事の着手日は未定としている。

カテゴリ: 政治・行政 経済