岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


巨大スッポン現る「大きさ最大級」 産卵で上陸?路上で発見



市民に捕獲されたスッポン=美濃加茂市下米田町小山
市民に捕獲されたスッポン=美濃加茂市下米田町小山

 岐阜県美濃加茂市下米田町小山の路上で14日夕、大型のスッポン1匹が捕獲された。市下米田連絡所が引き取り、捕獲現場近くの川へ放した。

 捕獲した男性(74)によると、スッポンは甲羅の長さが約30センチ、幅約25センチ、重さ約3キロ。近隣住民から「近くの小川にカメがいる。スッポンじゃないか」と聞き、現場に向かう途中の路上で発見した。市民がかみつかれたら危ないと判断して捕まえ、同連絡所に通報した。男性は「この辺にはキツネやハクビシンはいるが、野生のスッポンを見たのは初めて」と話した。

 野生の生き物の生態に詳しい美濃加茂自然史研究会の安藤志郎事務局長は「スッポンでは最大級の大きさ」と指摘。ここ数十年、市内では個体数が増加傾向にあるといい「6~8月は産卵期なので、産卵のために陸へ上がってきた可能性がある」と推測した。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース 社会