岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


小6児童がジャンボタニシ捕獲装置を開発 1日200匹駆除の高性能ぶり



ジャンボタニシの捕獲装置を考案し、山内清久組合長から感謝状を受け取った栗山知大君=関市若草通、JAめぐみの本店
ジャンボタニシの捕獲装置を考案し、山内清久組合長から感謝状を受け取った栗山知大君=関市若草通、JAめぐみの本店

 水田の稲を食べるジャンボタニシを駆除しようと、岐阜県関市旭ケ丘小学校6年の栗山知大(ちひろ)君(11)が、捕獲装置の研究に取り組んでいる。5年生で考案した装置は市発明展で市長賞を受賞。市は県の補助事業を活用してこの仕組みの装置を約100個製作し、農家の被害防止に役立てている。JAめぐみのは29日、駆除活動に貢献したとして栗山君に感謝状を贈った。

 研究のきっかけは2年前。栗山君が市内の田んぼのそばで釣りをしていたところ、近くの農家からジャンボタニシの被害の深刻さを聞いた。

 「農薬を使うと生き物に影響があるので使いたくない」と、自作の捕獲装置を開発。プラスチック製の植木鉢の側面に3カ所の穴を開け、半分に切ったペットボトルをはめ込んだ。鉢の底に餌を置いてふたをすると、3カ所からジャンボタニシが進入する仕組みで、材料は市販のもので調達するなどコストも抑えた。

 市発明展での受賞後、市は栗山君の作品をモデルにした捕獲装置を製作し、農家に配布。栗山君は、底が網目の植木鉢を使うなど装置を改良したほか、捕獲しやすい場所や餌を研究。5月は多いときに1カ所で1日約200匹を捕獲した。

 関市若草通のJAめぐみの本店で行われた贈呈式では、山内清久組合長が感謝状を渡し、「被害が増える中、すごい装置を考えてくれた」と礼を述べた。栗山君は「ジャンボタニシの生態を調べ、捕獲に生かしたい」と話した。

カテゴリ: くらし・文化 教育 科学