岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


新型コロナワクチン誤って4回接種 岐阜市の80代女性、35日間に2医療機関で



 岐阜市は2日、市内の80代女性が新型コロナウイルスのワクチンを6月7日から7月11日までの35日間に誤って4回接種を受けたことが判明した、と発表した。女性に接種を受けた認識がなく、二つの医療機関が2回ずつ接種していた。女性に現在、健康被害は確認されていないという。

 市によると、6月7日に医療機関で1回目の接種を受けた後、同20日に別の医療機関で接種を受けた。同28日に最初の医療機関でこの医療機関としては2回目の接種を受け、さらに7月11日にもう一方の医療機関で4回目となる接種を受けた。

 女性から接種券を紛失したと申請があり、市は6月19日に再発行していた。

 7月30日に県国民健康保険団体連合会から、女性の予診票が3枚あるとの連絡を受け、両医療機関に調査したところ、ミスが発覚した。

 市は接種券の再発行の際、接種情報を一元管理する「ワクチン接種記録システム(VRS)」の確認を徹底するとしている。

カテゴリ: 医療 新型コロナウイルス