岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


笠松競馬、9月再開へ 所得申告漏れ問題で自粛、8カ月ぶり



 騎手や調教師らの不正な馬券購入と所得の申告漏れが明らかになり、今年1月から開催を自粛している笠松競馬(岐阜県笠松町)について、運営する県地方競馬組合は4日、9月8~10日の3日間の日程でレースを再開すると発表した。

 組合によると、構成団体の笠松町と岐南町が総務省から4日付で公営競馬実施の指定を受けた。また組合は同日、農林水産省に競馬開催届出を提出した。競走馬の能力審査などを経て約8カ月ぶりに競馬が開催されることになる。

 組合管理者の河合孝憲副知事は「一連の不祥事で笠松競馬への信用は全く無くなったが、再発防止策を徹底して信頼を一歩ずつ回復し、9月8日の開催に向けて万全を期していきたい」と述べた。

 笠松競馬を巡っては今年1月、騎手や調教師らが名古屋国税局から、所得税の申告漏れを指摘された。その後に組合の第三者委員会が実施した調査で、馬券の不正購入を繰り返していたことも判明した。1月19日からレースの開催を自粛している。

カテゴリ: スポーツ 社会