岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


【8日・新型コロナ詳報】クラスター発生相次ぐ 高齢者施設、食事を共にした若者、同居する外国人 岐阜県で49人感染



 岐阜県と岐阜市は8日、県内18市町などで計49人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者が少なくなる傾向にある日曜日に40人を上回るのは、54人だった5月30日以来。病床使用率は20・7%となり、国の基準でステージ3(感染急増)となる20%を超えた。感染者は累計9945人となった。

 市町村の人口10万人あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

 7日時点の入院患者は162人で、病床使用率が3・1ポイント増加した。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は16・66人で、病床使用率とともにステージ3となっている。重症者は4人のまま。

 新たに3件のクラスター(感染者集団)を認定した。このうち各務原市の高齢者福祉施設では、職員3人や利用者4人ら8人の感染が判明。職員や利用者1人はワクチンを接種していないという。

 また、本巣郡北方町で同居している外国人4人やその親族による5人のクラスターも確認。別々の組み合わせで食事をした可児市と加茂郡川辺町の10~20代の友人5人の感染も分かった。

 7日に発表した中津川市の飲食店のクラスターでは新たに従業員ら4人の感染が確認され、規模が11人に広がった。他にも2件のクラスターで拡大した。

 新規感染者の居住地別は、岐阜市9人、中津川市7人、各務原市5人、土岐市4人、大垣市、高山市が各3人、羽島市、可児市、山県市、本巣郡北方町が各2人、関市、瑞穂市、本巣市、海津市、羽島郡岐南町、養老郡養老町、安八郡安八町、加茂郡川辺町が各1人、東京都2人。年代別は10代9人、20代13人、30代、40代が各7人、50代6人、60代1人、70代2人、80代1人、90代3人。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会