岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


美濃加茂市と坂祝町の「緊急安全確保」解除 岐阜県内の避難指示、9市6町1村で続く



大雨による増水で護岸が崩落した土岐川=15日午前7時9分、瑞浪市土岐町
大雨による増水で護岸が崩落した土岐川=15日午前7時9分、瑞浪市土岐町

 停滞する前線の影響で、岐阜県内では15日も大雨となった。美濃加茂市と加茂郡坂祝町に発令されていた5段階の警戒レベルで最高の「緊急安全確保」(レベル5)は解除されたが、避難指示(同レベル4)は高山市や下呂市など9市6町1村で続く。人的被害はない一方で、住宅への被害や河川の浸水、護岸の崩落などが新たに発生した。

 同日午前10時35分現在、県内全域で大雨と洪水警報が発令され、高山市、中津川市、瑞浪市、恵那市、下呂市、加茂郡白川町、東白川村では引き続き、土砂災害警戒情報が出ている。県によると、避難指示の対象は県内16市町村で8万1882世帯20万1586人。現在、12市町で168世帯359人が避難している。

 住宅被害では一部損壊が11棟(中津川市10、恵那市1)、床上浸水が3棟(恵那市2、瑞浪市1)、床下浸水が25棟(恵那市14、中津川市6、瑞浪市5)。美濃加茂市草笛町などの加茂川、白川町河岐の飛騨川では川の水があふれた。また飛騨川では、下呂市萩原町花池の国道41号の歩道部分が流出し、通行止めとなっている。高山市久々野町渚でも市道が陥没した。瑞浪土岐町の土岐川では護岸が一部崩落し市道が通行止めとなっている。

 道路では、中央自動車道恵那インターチェンジ(IC)―小淵沢IC間が中津川市内での土砂崩れなどのため通行止め。東海北陸自動車道は飛騨清見IC―美濃IC間、東海環状自動車道山県IC―土岐宮ジャンクション(JCT)間、中部縦貫自動車道安房峠道路平湯IC―中ノ湯IC間も通行止めとなっている。中津川市落合の国道19号は路肩が崩れた影響で、通行止めとなっている。

 公共交通機関では、JR東海道線の岐阜―米原間と大垣―美濃赤坂間、JR中央線は高蔵寺―塩尻間、JR高山線は岐阜―猪谷間で運休。樽見鉄道、明知鉄道、長良川鉄道でも運休となっている。

カテゴリ: 社会