岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


【15日・新型コロナ詳報】河川敷でバーベキューをしていた家族がクラスターに 会食で広がった家族も 岐阜県で130人感染



 岐阜県と岐阜市は15日、県内22市町などで計130人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新規感染者が100人を超えるのは5日連続。感染者は累計1万692人となった。新たに確認したクラスター(感染者集団)は4件で、河川敷でのバーベキューや会食で感染が広がった家族関連が2件、大学の部活動が2件。

 14日時点の病床使用率は前日比4・3㌽増の41・5%で、66日ぶりに40%を超えた。日曜日は感染者が少ない傾向にあるが、5月16日の117人以来、100人を超えた。県健康福祉部の堀裕行部長は「保健所は連日深夜まで、感染者への聞き取りや接触者への連絡などをしているが、対応能力はほぼ限界の状態。これ以上感染者が増えれば、これまでの対応ができなくなる。感染拡大防止へ県民の皆さまにぜひご協力いただきたい」と呼び掛けた。

 新たに確認したクラスターでは、大垣市の大学の運動部で部員ら13人の感染を確認した。中津川市の大学の運動部でも部員6人の感染が判明した。この運動部でのクラスター発生は3件目。県によると、発症後も活動していた部員もいるといい、堀部長は「体調不良時には活動をストップしてほしい」と述べた。

 大垣市と瑞穂市の家族関連では5人の感染が分かった。県によると、このクラスターでは3家族9人でバーベキューをしていた。また、大垣市と安八郡安八町の2家族では7人の感染を確認した。8人で食事をしていたという。

 拡大したクラスターは8件。岐阜市の山田病院では患者5人の感染が分かり22人となった。

 新規感染者の居住地別は岐阜市26人、大垣市22人、各務原市14人、多治見市12人、中津川市9人、羽島市6人、海津市5人、高山市、可児市、本巣郡北方町が各4人、瑞穂市3人、関市、恵那市、土岐市、本巣市、安八郡安八町、愛知県が各2人、美濃市、郡上市、羽島郡岐南町、同郡笠松町、加茂郡坂祝町、同郡八百津町、神奈川県、北海道、三重県が各1人。年代別では1歳未満1人、10歳未満12人、10代25人、20代37人、30代12人、40代19人、50代11人、70代5人、80代7人、90代1人。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会