岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


笠松競馬、9月8日に8カ月ぶり再開 馬券不正購入、所得申告漏れ問題で開催自粛



笠松競馬場
笠松競馬場

 所属の騎手や調教師らによる馬券の不正購入など一連の不祥事により、1月から開催を自粛している笠松競馬(岐阜県羽島郡笠松町)を運営する県地方競馬組合は23日、レースを9月8日に再開すると発表した。本年度の第1回開催で8日から10日までの3日間。笠松競馬の開催は約8カ月ぶりとなる。

 不正に関わった関係者の処分などを終えた組合は今月4日、農林水産省に開催の届け出を提出していた。その後、実戦から遠ざかっている馬の能力検査や公正を確保した関係者の動きを確認するために、開催演習を4日間実施した。

 組合は「ハード面、ソフト面とも公正確保対策を講じた競馬を実施できる体制が整った」と再開の理由を説明。「不適切事案があったことを深く反省し二度と問題を起こさないことを心に誓い、信頼回復に一丸となって取り組む」とコメントした。

 県内で新型コロナウイルスの感染が広がっている状況から、再開レースは無観客にするかどうか検討中という。

カテゴリ: スポーツ 社会