岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


【27日・新型コロナ詳報】保育園や学習塾で新たなクラスター 岐阜県で308人感染



 岐阜県と岐阜市は27日、県内29市町などで計308人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者は過去最多を更新した前日から76人減ったが、4日連続で300人を超えた。感染者は累計1万4358人となった。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は113・56人。26日時点の入院患者は500人で、病床使用率が63・9%に上昇した。自宅療養者は前日比162人増の685人となった。重症者は7人のままだが、50代の患者1人が人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使った治療となった。

 新たに5件のクラスター(感染者集団)を確認した。このうち各務原市の学習塾で中学生や小学生の生徒14人と、講師1人の感染が判明。生徒の家族1人にも広がり、計16人のクラスターとなった。この学習塾では講師、生徒ともマスクを着用し、窓を開けて換気をしていたという。

 他に美濃加茂市の保育園に通う園児5人と職員2人ら9人のクラスターや、土岐市の福祉施設の利用者4人と職員1人を含む10人のクラスターを確認した。

 拡大したクラスターは12件。2件のクラスターは新たな感染者が確認されず、終息した。

 県健康福祉部の堀裕行部長は、学習塾で発生したクラスターについて「後から振り返れば症状があったのに行っていた生徒がいる。体調が悪い人は出掛けないことが大事」と話した。

 新規感染者の居住地別は岐阜市80人、各務原市38人、大垣市31人、可児市25人、美濃加茂市18人、羽島郡岐南町11人、多治見市、海津市が各10人、高山市、関市、中津川市、恵那市が各7人、養老郡養老町、不破郡垂井町が各6人、羽島市、瑞穂市が各5人、瑞浪市、土岐市、羽島郡笠松町が各4人、美濃市、郡上市、揖斐郡大野町が各3人、下呂市、不破郡関ケ原町、可児郡御嵩町が各2人、山県市、本巣市、安八郡安八町、揖斐郡池田町が各1人。愛知県4人。

 年代別は10歳未満25人、10代55人、20代72人、30代50人、40代47人、50代38人、60代10人、70代2人、80代6人、90代3人。

カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会