クマに襲われ82歳重傷 高山市の山中
2017年06月23日09:20
写真:クマに襲われ82歳重傷 高山市の山中
クマに男性が襲われた現場付近=22日午後6時2分、高山市丹生川町久手

 22日午後3時20分ごろ、岐阜県高山市丹生川町久手の山中で、近くに住む無職の男性(82)が「クマに襲われた」と親戚の女性を通じて119番した。男性は市内の病院に搬送されたが、後頭部や右肩をかまれるなどしており重傷。クマはそのまま逃げた。

 高山署によると、現場は国道158号から北に約200メートル入った大洲谷堰堤近くの沢沿い。現場で山菜の入ったリュックが見つかった。男性は1人で山菜採りに山に入り、襲われたとみられる。襲われた後、自力で自宅に戻り、親戚の女性に電話で連絡した。

 逃げたクマを地元の猟友会の会員と署員が捜したが、見つからなかった。大きさは分かっていない。署は、23日早朝から付近をパトロールする。

 同市石浦町では今年4月、住宅街で男女3人がクマに襲われ、重軽傷を負った。

◆市、住民に注意喚起 目撃情報、今月46件

 高山市丹生川町久手で男性がクマに襲われた被害を受け、同市は22日、広報車で現場周辺をパトロールし、住民に注意喚起した。

 同市の4月以降のクマ目撃情報は、22日午後6時までに77件、今月だけで46件あった。市によると毎年、人が山に入る時期の6〜8月に目撃情報が増えるという。

 丹生川中学校と丹生川小学校は久手地区の児童生徒5人を自宅前までスクールバスで送った。23日もパトロールを継続し、クマ捕獲用のわなを仕掛ける。