信長ラッピング電車見参 名鉄 − 岐阜新聞 Web
信長ラッピング電車見参 名鉄
2017年03月07日08:55
写真:信長ラッピング電車見参 名鉄
学生が描いた織田信長があしらわれた「ラッピング電車」=6日午後、岐阜市、名鉄岐阜駅

 450列車、出発進行−。岐阜市信長公450プロジェクト実行委員会は名古屋鉄道とのタイアップ企画として、織田信長や濃姫のイラストをあしらったラッピング電車を制作し、6日から運行を始めた。11月12日まで名鉄各線を走る。

 3300系車両に、大垣女子短大デザイン美術学科マンガコース1年岡田真紀さん(19)、鹿野由貴奈さん(19)、日下部美咲さん(19)が描いた信長と濃姫、岐阜城のイラストをプリント。長良川鵜飼や金華山上からの写真も織り交ぜた。

 岐阜市の名鉄岐阜駅各務原線のホームでお披露目式があり、実行委会長の浅井文彦副市長が「この車両が多くのお客さまを岐阜に連れてきてくれれば」とあいさつ。デザインした3人に駅員らから花束が贈られた。

 ラッピング電車は4両編成で、主に名古屋本線や中部国際空港駅に向かう空港線、犬山線などで運行する予定。名鉄ホームページで運行スケジュールを確認できる。


【移動編集局】「信長450」