ぐるり芸術鑑賞 岐阜市で画廊めぐり開幕 − 岐阜新聞 Web
ぐるり芸術鑑賞 岐阜市で画廊めぐり開幕
2017年04月10日07:51
写真:ぐるり芸術鑑賞 岐阜市で画廊めぐり開幕
「ぎふの画廊めぐり」が開幕。飯沼由貴さんは動物に自身の感情を託した油彩画を並べた=岐阜市明徳町、アートギャラリー水無月

 岐阜市の画廊が企画展を同時開催する「第23回ぎふの画廊めぐり」が8日開幕した。現代美術、陶芸、日本画などさまざまなアートを、リーフレットを手にした市民が楽しんだ。16日まで。

 画商主らで「タウンミュージアムぎふ」を組織し、1997年から続けている。今回は7画廊に加え、開局55年を記念してぎふチャンアートギャラリーを開設した岐阜放送が協力、名品8点を並べる特別展示も行った。

 アートギャラリー水無月(同市明徳町)では、同市福光西の飯沼由貴さん(26)の個展「たくさんのひとり」を開催。動物の表情を油彩画でリアルに描き、漂う感情や生への覚悟を表した。飯沼さんは「動物というフィルターを通して自分の思いを表現している」と話している。

 その他の参加画廊は次の通り。

 画廊光芳堂、長江洞画廊、柳ケ瀬画廊、画廊文錦堂、田口美術、後藤紙店


【移動編集局】「信長450」