小学校にクマ、射殺 校庭の木に登る − 岐阜新聞 Web
小学校にクマ、射殺 校庭の木に登る
2017年09月07日08:50

 6日午前11時半ごろ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾の栃尾小学校で、ツキノワグマが校庭を歩いているのを教員が見つけ、110番した。高山署員らが駆け付けたところ、クマが校庭の端の木に登っていたため、間もなく猟友会員が射殺した。けが人はいなかった。

 署や学校によると、クマは雄の成獣で体長約1メートル、体重約100キロ。学校は児童64人。発見時、校庭は利用していなかった。教室の窓を施錠し、校舎から出ないよう指示した。

 学校は国道471号沿いにあり、保育園や民家が隣接している。