「長生きしてね」ハナキリンで思い届ける − 岐阜新聞 Web
「長生きしてね」ハナキリンで思い届ける
2017年09月17日08:45
写真:「長生きしてね」ハナキリンで思い届ける
敬老の日に向け、出荷作業が最盛期を迎えているハナキリン=本巣市上真桑、ロイヤルグリーン

 敬老の日(18日)を前に岐阜県本巣市の農業組合法人で、ハナキリンの鉢花が出荷の最盛期を迎えている。

 ハナキリンはマダガスカル原産の多肉植物。ピンクや赤、白色の花を咲かせ、年間を通して楽しめる。

 農業組合法人ロイヤルグリーン(同市上真桑)は今年から、茎の部分のとげがない改良品種「シャインキッス」の生産を始めた。

 ハナキリンの生産は国内で唯一といい、市場を通じて全国へ約8千鉢を出荷する。

 従業員は温室の中で花を手入れしたり、袋詰めをしたりして出荷作業に追われていた。

 福田克彦専務理事(36)は「ハナキリンは長い期間、花が楽しめる。おじいちゃん、おばあちゃんへ長生きしてねというメッセージになれば」と話している。