大河ドラマの衣装展示 信長公ギャラリー − 岐阜新聞 Web
大河ドラマの衣装展示 信長公ギャラリー
2017年10月06日08:57
写真:大河ドラマの衣装展示 信長公ギャラリー
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で織田信長役の市川海老蔵さんが着用した衣装=岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

 岐阜市信長公450(よんごーまる)プロジェクトの目玉企画「体感!戦国城下町・岐阜 信長公ギャラリー」の後期展示が6日に開幕するのを前に5日、同市司町のみんなの森ぎふメディアコスモスの会場で報道関係者向け内覧会があった。大河ドラマで織田信長役を演じた俳優が着用した甲冑(かっちゅう)などが展示されている。

写真:大河ドラマの衣装展示 信長公ギャラリー
大河ドラマのオープンロケセットのジオラマ

 「信長公ゾーン」に新設された大河ドラマコーナーには、歴代大河ドラマに登場した信長のパネルのほか、岐阜市でロケが行われた1992年放送の大河ドラマ「信長KING OF ZIPANGU」のオープンロケセットのジオラマを展示する。

 CGで再現された戦国時代の岐阜の街を空中散歩できる「バーチャル空中ブランコ」は、3D眼鏡を着用して見る3D映像となり、迫力が増した。「信長KING OF ZIPANGU」で信長役を務めた俳優緒形直人さんが着用した甲冑と小袖も展示している。

 濃姫ゾーンには現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で信長役の市川海老蔵さんが着用した衣装を展示した。

 後期展は12月17日までの71日間。入場無料。