水都大垣沸く 十万石まつり − 岐阜新聞 Web
水都大垣沸く 十万石まつり
2017年10月09日08:07
写真:水都大垣沸く 十万石まつり
中心市街地で気勢を上げる勇壮なみこし行列=8日午後、大垣市、大垣駅通り

 水都大垣の三大祭りの一つ「十万石まつり」(実行委員会主催)が8日、岐阜県大垣市中心市街地の大垣駅通りなどで開かれ、子どもらのパレードや勇壮なみこしが練り、街が活気に包まれた。

 まつりは、大垣藩十万石の城主を祭る常葉神社の例祭が起源。

 パレードでは白バイの先導で、ユニホーム姿のスポーツ少年団や小学生による鼓笛隊など、市民らが笑顔で行進した。青年団体や企業、大学などのみこし約40基も登場、みこしを回して気勢を上げ、沿道の見物客を沸かせた。

 このほか、大垣城鉄砲隊による火縄銃の演武や餅まきもあり、約12万人(主催者発表)が祭りを満喫した。