パトカー窃盗未遂、泥酔の男「御用」 − 岐阜新聞 Web
パトカー窃盗未遂、泥酔の男「御用」
2017年10月16日08:16

 110番で現場に駆け付けたパトカーを盗もうとしたなどとして、岐阜中署は15日、窃盗未遂と道交法違反(酒気帯び運転、無免許運転)の疑いで、岐阜県羽島郡岐南町の会社員の男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前2時ごろ、岐阜市柳ケ瀬通の市道で、無免許の上、酒気を帯びた状態で、駐車中のパトカーを運転し盗もうとした疑い。

 署によると、別件で通報を受けて署員2人が関係者に事情を聴いていたところ、やじ馬十数人がパトカーを囲み、その中にいた容疑者がパトカーに乗り込み、発進させた。知人男性がドアを開けて、数十センチ動いたところで制止させた。署員が呼気を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出された。容疑者は「泥酔していたことは覚えているが、パトカーは運転していない」と容疑を否認している。