養老JCT―養老IC 22日開通 東海環状道 − 岐阜新聞 Web
養老JCT―養老IC 22日開通 東海環状道
2017年10月18日08:26
写真:養老JCT―養老IC 22日開通 東海環状道
報道関係者に公開された東海環状自動車道西回りルートの養老JCT−養老IC間=17日午前、養老郡養老町飯積

 東海環状自動車道西回りルート(延長約77キロ)で、22日に開通する養老ジャンクション(JCT)−養老インターチェンジ(IC)間が17日、報道関係者に公開された。

 2013年9月に着工した同区間は延長3・1キロ、暫定2車線で供用開始となる。開通後は2年目で1日約3千台の利用を見込む。また周辺では、発芽野菜メーカー「サラダコスモ」(中津川市)が直売所とレストランを併設したスプラウト生産施設の開業を予定するなど、経済効果にも期待は高まっている。

 現地で説明した岐阜国道事務所の煬ゥ泰彦計画課長は「新たな交流を生み出し、観光、産業の活性化に大きな期待が持てる。全線開通に向け事業を推進したい」と話した。

 西回りルートは2012年9月に大垣西IC−養老JCT(6キロ)、昨年8月には東員IC−新四日市JCT(1・4キロ)が開通した。養老JCT−養老IC間は22日午後3時から一般利用が可能になる。