高校生が傑作ジオラマ 「ぎふ鉄道博物館」開幕 − 岐阜新聞 Web
高校生が傑作ジオラマ 「ぎふ鉄道博物館」開幕
2017年11月04日07:48
写真:高校生が傑作ジオラマ 「ぎふ鉄道博物館」開幕
子どもたちに人気の鉄道模型やジオラマの展示=岐阜市橋本町、岐阜シティ・タワー43

 「ぎふ鉄道博物館Vol.11」(ぎふチャンなど後援)が3日、岐阜市橋本町の岐阜シティ・タワー43で始まり、鉄道ファンや家族連れでにぎわった。5日まで。

 鉄道をテーマに、物販や鉄道模型の展示などが行われており、県内のローカル鉄道によるグッズ販売もある。

 初日は、鉄道模型サークル「ぎふトレ」(宮崎良一代表)が、県内で過去に運行していた名鉄電車や新幹線などの鉄道模型を走らせ、模型に付けられたカメラの映像を見ながら運転を疑似体験するコーナーも人気を集めた。

 「学生鉄道でいこう!」のブースでは、鴬谷中学・高校地歴サークルがJR中央線古虎渓駅をモデルにしたジオラマを展示。「全国高校鉄道模型コンテスト2017」でベストクオリティ賞を受賞した精巧な作りで、子どもたちが食い入るように見つめていた。