水面に輝く逆さもみじ 土岐市・曽木公園 − 岐阜新聞 Web
水面に輝く逆さもみじ 土岐市・曽木公園
2017年11月08日08:59
写真:水面に輝く逆さもみじ 土岐市・曽木公園
ライトアップで照らされ、池の水面に映る逆さもみじ=岐阜県土岐市曽木町、曽木公園

 紅葉した木々の葉が池の水面に映る「逆さもみじ」で知られる岐阜県土岐市曽木町の曽木公園で7日、ライトアップの試験点灯が行われ、住民らが美しいモミジをうっとりと眺めた。ライトアップは10〜19日。

 曽木公園もみじライトアップ実行委員会(水野健一会長)が毎年実施し、19回目。イロハモミジやヤマモミジなど約300本がハロゲンランプ約250基で照らされると、赤や黄色の葉が大小八つの池の水面に鏡のように映し出された。

 同会によると、今年は例年より色づきが早く、色鮮やかな光景が楽しめるという。ライトアップの時間は午後5時30分〜同9時。