甘さ満点 富有柿収穫 − 岐阜新聞 Web
甘さ満点 富有柿収穫
2017年11月12日04:27
写真:甘さ満点 富有柿収穫
収穫の最盛期を迎えた富有柿=本巣市春近

 「甘柿の王様」と称される富有柿が、主産地の本巣市などで収穫の最盛期を迎えている。樹木にぶら下がる艶やかな実を、農家が一つずつ丁寧にもぎ取っている。

 高級柿「天下富舞(ふぶ)」も生産する柿農家加藤泰一さん(73)=同市上保=は、農園のうち約2ヘクタールで富有柿を栽培する。今季の収穫は、例年よりも1週間近く早い、今月初旬から始まった。9月に入って平均気温の低い日が続き、成熟が進んだためという。今月下旬には収穫を終える見込みで、中京圏や東京などに出荷される。

 加藤さんは「収穫前の1カ月間が重要な時期。雨が続いて糖度が下がるのを心配したが、甘く実った」と喜んでいた。