岐阜工7年ぶり花園切符 全国高校ラグビー県大会 − 岐阜新聞 Web
岐阜工7年ぶり花園切符 全国高校ラグビー県大会
2017年11月13日09:56
写真:岐阜工7年ぶり花園切符 全国高校ラグビー県大会
岐阜工×関商工=後半、ドロップゴールを狙う岐阜工のSO戸野部(左)=長良川球技メドウ

 第97回全国高校ラグビー大会県大会(岐阜新聞・ぎふチャン後援)最終日は12日、長良川球技メドウで決勝を行い、岐阜工が26―21で関商工を下し、7年ぶり18度目の花園切符をつかんだ。

 岐阜工は前半5分にSO戸野部謙のペナルティーゴールで先制。その後、二度逆転されたが、前半23分にフランカー氏家恭兵のトライで逆転。その後は戸野部のドロップゴールなどでリードを広げた。後半12分に、関商工自慢のFW陣によるモールからトライを許したが、リードを守り切った。

 全国高校大会は12月27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。