深まる秋、山肌染める 美濃市・大矢田神社 − 岐阜新聞 Web
深まる秋、山肌染める 美濃市・大矢田神社
2017年11月18日08:53
写真:深まる秋、山肌染める 美濃市・大矢田神社
見頃を迎えたモミジ=岐阜県美濃市大矢田、大矢田神社

 紅葉の名所として知られる岐阜県美濃市大矢田の大矢田神社でモミジが見頃を迎え、山肌を染める木々が多くの観光客を楽しませている。

 同神社一帯のモミジ谷はヤマモミジが群生しており、国天然記念物に指定されている。ヤマモミジより葉が小さい品種のイロハモミジを含め、約3千本のモミジが神社を彩っている。

 楼門近くから赤く色づきはじめ、本殿周辺は今月末に見頃を迎えそう。本殿周辺の紅葉は12月初旬まで楽しめるという。

 観光客は、赤や黄色に色づいた葉を眺めたり、写真に収めたりして楽しんでいた。

 23日には同神社で、国選択無形民俗文化財のひんここまつりが行われる。